中遠加工場|静岡うなぎ漁業協同組合

  • お知らせ
  • 問い合わせ
  • HOME
  • 0548-32-1153
  • 0548-32-1151

中遠加工場

「老舗うなぎ屋」のうなぎ造りを守り通している生産工場と直売所

鰻を活きたまま職人の技で割き、割いた後素早く白焼き工程に移し、しっかり焼きます。
蒲焼工程では、伝統ある配合「本みりん:丸大豆醤油(1:1)、白双糖」の焼きタレで「じっくりじっくり」焼き上げております。

国内屈指の歴史ある老舗うなぎ屋静岡うなぎ中遠加工場がお届けする美味しいうなぎ蒲焼を是非ご堪能ください。

  • うなぎ割き
  • 鰻計量
  • 串刺し
  • 白焼き
  • 蒸し
  • 蒲焼
  • 真空パック
  • 凍結
  • 検査~出荷

うなぎ割き

鰻と言うのは地域によって加工の仕方が違う食材と言えます。関東地方に多くみられる無頭背開きでうなぎを割いています。
ちなみに関西地方では鰻を有頭腹開きにしてます。
また、当組合では鰻を活きたまま処理しております。

鰻計量

鰻を焼く前に焼き上がりの大きさを揃える事を目的に、割いた鰻を計量します。
計量を終えた鰻をサイズごとに焼いていきます。

串刺し

鰻は焼き上げるにつれて身が柔らかくなります。
串打ちは機械を使いますが、一串一串、職人の手により手直しを行い仕上げていきます。

※長焼きについては串刺しの工程を省いております。

白焼き

身も皮も外側はパリッと白い身はふっくらと焼き上げた白焼き、日々の鰻の質、温度、湿度によって条件が変わるので熟練の職人でも高度な技術を必要とされるところです。

蒸し

白焼きをした鰻を蒸していく作業になりますが、この鰻に蒸しを入れるか入れないかによっても地域性があり、関東地方では蒸しをいれる「江戸焼」が主流で関西地方では蒸しを入れません。
静岡うなぎは蒸しをいれる江戸焼きを製造しております。

蒲焼

うまみと栄養を逃がさない独自の製法で本格的なうなぎの蒲焼にしあげました。ふっくら柔らかく、ひと口噛むと、ほろっととけていきます。上質なうなぎはひと箸つかめばその肉質の良さが分かります。

蒲焼自家製タレ

中遠加工場では自家製のタレ、
伝統のある配合「本みりん:丸大豆醤油(1:1)、白双糖」でじっくりじっくり焼き上げております。

真空パック

カットした蒲焼きを深絞り真空機を使いパックします。

凍結

真空した蒲焼は遠赤外線殺菌をし、殺菌した蒲焼は急速冷凍機(-40℃以下)を使用し瞬間冷凍をかけています。
冷凍された蒲焼は金属探知機を通り箱詰めされます。

検査~出荷

出来上がった製品は、全て組合内の品質検査室で検査をして出荷基準を満たしている事を確認し出荷をします。

代表理事組合長ご挨拶

加工場・売店情報

問い合わせ