品質管理|静岡うなぎ漁業協同組合

  • お知らせ
  • 問い合わせ
  • HOME
  • 0548-32-1153
  • 0548-32-1151

品質管理

静岡のうなぎ養殖の歴史は古く、代々受け継がれてきた養殖の技術と県内の良質で豊富に湧き出る地下水を利用することにより、美味しいうなぎを育てることができます。
安全、安心を最も大切なテーマとして全国の消費者にお届けしております。

組合員には、抗菌剤、飼料添加物、原塩等の使用状況を記録して、組合に提出を義務づけ、養殖過程の把握をし、出来る限り薬に頼らない養殖を行い、薬を使用したときは国の定める2倍の休養期間を組合の休薬期間に設定しています。
検査体制は残留検査6項目に関しては池揚げ前に全ロット、抗生物質・合成抗菌剤等の検査は年数回にわけて外部で調査します。

残留薬検査・官能検査(研究室)

当組合研究室で組合員(養鰻家)が池揚げする全ロットの池上げ前に残留薬を検査します。
※可能な限り医薬品を使用しない養殖方法を実施しています。
また、うなぎの体調管理や養殖についてのアドバイスなど組合員(養鰻家)のサポート機能にもなっています。
池上げ前にサンプル抽出し官能検査も実施しております。

細菌検査・官能検査(検査室)

出来上がった商品はサンプル抽出し加工場検査室で細菌検査・官能検査を行い、安全で安心できる商品をお客様に提供します。
また、定期的に外部検査機関へ前述の検査を委託しており、当組合で行う検査自体が適正に機能しているかのクロスチェックにもなっています。

代表理事組合長ご挨拶

加工場・売店情報

問い合わせ